077-574-3751

スマートフォンは上記の番号をタップすると
そのまま電話がかけられます

お問い合わせ

妊婦健診gynecological-checkup

妊婦健診

妊婦健診gynecological-checkup

総合病院と変わらない専門性の高い医療をご提供するとともに、総合病院とは違った地域のクリニックとしてのアットホームさを兼ね備えたサービスを心がけております。安全に当院で分娩していただくために、妊婦健診中にハイリスクの患者さんについてはきっちりと診断し適切な医療機関にご紹介させていただきます。

当院の妊婦健診について

予約制になっているため待ち時間が少なく診察を受けて頂く事ができます。旦那さんやお母様もご一緒にどうぞ。

待合室

当院の妊婦健診の特徴

  1. 総合周産期センター、総合病院、大学病院と常に密な連携をとりながら診療に当たらせてもらいますので、安心・安全な管理を受けて頂けます。
  2. 24時間365日体制での救急対応させて頂きます。
  3. 毎回、助産師によるアットホームな問診を行います。何でも気軽にご相談下さい。また、健診中2回、妊娠20週と妊娠35週で助産師外来を受けて頂きます。
  4. 専門資格を持った医師がスクリーニングをはじめ正確に胎児診断を行います。
  5. 早期の早産予防対策に力を入れています。(健診毎の経膣超音波検査、妊娠20週頃の膣分泌物一般培養検査)
妊娠9週頃 妊婦健診①

初期検査

頸部細胞診、クラミジア、採血(感染症、貧血、血糖、血液型(ABO、Rh )等)

妊娠初期の保健指導 医師より別紙を手渡し説明します

妊娠12週頃 妊婦健診②

初期検査の結果を医師よりお伝えします。結果は母子手帳に貼付します。

経腹超音波検査が始まります。NT(後頚部浮腫)の測定をします。

妊娠16週頃 妊婦健診③

赤ちゃんの向きが良ければ性別が分かります。

妊娠20週頃 妊婦健診④

前期助産師外来(30分間)・胎児スクリーニング検査・妊婦健診

4階助産師外来部屋にて前期助産師外来(30分間)のあとに健診があります。

胎児スクリーニング検査・膣分泌物培養検査を行います。

妊娠24週 妊婦健診⑤

以降は2週間毎の健診になります

妊娠26週 妊婦健診⑥

中期採血

貧血チェック、血糖値:50g糖負荷検査

妊娠28週 妊婦健診⑦
妊娠30週 妊婦健診⑧
妊娠32週 妊婦健診⑨
妊娠34週 妊婦健診⑩

GBS(B群溶連菌)のための膣分泌物培養検査を行います

妊娠35-36週

後期助産師外来(45分間)

4階助産師外来部屋にて後期助産師外来を行います。

妊娠37週 妊婦健診⑪

後期採血(貧血チェック)

NST(胎児心拍モニター)

妊娠38週 妊婦健診⑫

NST(胎児心拍モニター)

妊娠39週 妊婦健診⑬

NST(胎児心拍モニター)

妊娠40週 妊婦健診⑭

NST(胎児心拍モニター)

予定日を超えた場合には週2~3回診察を行います

妊娠41週以降

入院(陣痛誘発を行います)

妊婦健診時に撮影した毎回の超音波動画の画像を、お手持ちのスマートフォン・タブレット・パソコンから簡単に閲覧できるエコー動画サービスを提供しています。

詳しくはこちら

妊婦健診の流れ

  1. step01

    受付 reception

    診察券母子手帳を提出して受付してください。番号表をお渡ししますので、最後のお会計までお持ち下さい。

    受付
  2. step02

    血圧測定/尿検査 preparation

    血圧測定:記録用紙をお持ち下さい/尿検査:トイレで指定の場所に提出してください

  3. step03

    中待合へ waiting inside

    受付番号が呼ばれましたら、中待合にお入り下さい。

    受付
  4. step04

    第10診察室 助産師の問診 room no.10

    気になる事などございましたら、助産師になんでもお気軽にご相談下さい。

    助産師の問診
  5. step05

    中待合へ waiting inside

    中待合でお待ちください。準備が整いましたら第3診察室よりお呼びします。

  6. step06

    第3診察室 腹部超音波検査 room no.3

    赤ちゃんの発育状態等をみます。

    腹部超音波検査
  7. step07

    第5診察室または第6診察室 room no.5 or no.6

    内診台での診察を行います。(内診、経腟超音波検査)

  8. step08

    中待合へ waiting inside

    中待合でお待ちください。準備が整いましたら第2診察室よりお呼びします。

  9. step09

    第2診察室 医師と面談 room no.2

    診察結果をご説明し、次回の予約をとります。

  10. step10

    外待合へ waiting outside

    外待合でお待ちください。お会計の準備が整いましたら番号表でお呼びします

助産師外来

当院では、妊婦健診の間に助産師外来を前期・後期の2回行います。前期は20週頃、後期は34週〜36週頃です。

「ここで産んでよかった」と思って頂けるように、安心・安全・満足のいく更なるケアを目指します。助産師外来では、皆さんお一人、お一人と触れ合いながら、一緒に「自分らしい」妊娠・出産・育児を創りあげていけるような支援を心がけます。

助産師外来
対象 当院でご出産される妊婦さま
前期:20週頃、後期:34~36週頃
日時 月~土 毎日対応 完全予約制
前期:30分程度、後期:45分程度
費用 前期:無料
後期:妊婦健診補助券を利用(ただし、大津市以外の方は差額をお支払い頂く場合があります)
内容

前期:マイナートラブルへの対応、乳房・乳頭チェックなど、より健康的な妊娠・出産のための日常生活のアドバイスを行います。

後期:分娩に向けての心と身体の準備、バースプランや産後の授乳について一緒に考えましょう。

出生前診断外来

妊娠8週~12週で出生前診断・高齢妊娠など妊娠に関する相談を出生前診断外来にて行っています。

出生前診断外来

出生前診断外来とは

この外来では出生前診断・高齢妊娠など妊娠に関する相談を行っています。
対象となる時期は、妊娠8週~12週です。

予約制で、十分に時間をかけて妊婦さまやご家族の疑問・不安にお答えし、出生前診断について一緒に考えていく場(カウンセリング)です。

超音波検査(NT測定を含む)・母体血清マーカー検査・染色体検査(絨毛検査、羊水検査)・NIPT(母体血胎児染色体検査)などについてわかりやすく説明致します。

NIPT希望の患者様には適切な施設をご紹介いたします。なお、カウンセリングや出生前診断は自費診療になっています。

  • カウンセリング代:1,000円

羊水検査

妊娠8週~12週で出生前診断・高齢妊娠など妊娠に関する相談を出生前診断外来にて行っています。

羊水検査

どうすれば受けられるの?

まずは、妊婦健診中に医師に相談して下さい。十分にご説明させて頂きます。また、当院に通院されていない妊婦さまも、お電話にてご連絡頂き一度ご来院頂ければ検査を受けて頂く事ができます。

当院では、産婦人科の中でも特に産科専門の資格を持った周産期専門医(母体・胎児)が十分に説明をした上で羊水検査を行います。

検査ができる時期は?

お腹に針を刺して羊水を採取しますので、羊水がある程度なければいけません。羊水が増えてくる妊娠16週~18週に検査を行えます。

実際の検査はどうやってするの?

まずは超音波で子宮の中の状態を十分に観察します。
そして、お腹を消毒し、超音波で確認しながら、細い針を刺して注射器で羊水を20mlほど採取します。

検査後は2〜3時間ほどベッドで横になって安静にしてもらい、再度超音波で赤ちゃんの状態を確認して帰宅となります。

検査後の過ごし方は?

検査当日は湯船につかるのは控えて下さい。1-2日は安静にしてもらい、異常が無いようなら普段通りに過ごして頂くことができます。

穿刺後感染予防のために3日間は抗生剤の内服をして頂きます。

検査のリスクはどんなものがあるの?

出血、感染、流産、破水といったリスクがあります。一般的にそのリスクは約0.3%程度あると言われております。

費用はいくらぐらいかかるの?

11万円(自費、税込)です。

結果はどれくらいで分かるの?

約3週間で結果が返ってきます。

クアトロ検査

クアトロ検査とは、母体血清マーカー検査の事で血液検査で血液中の4つの成分を測定します。これらの結果と年齢をもとに21トリソミー(ダウン症)、18トリソミー、開放性神経管奇形の確率を計算する検査です。

クアトロ検査

検査時期と費用は?

時期:妊娠15週~17週頃
費用:25,000円(自費、税込)

結果はどれくらいで分かるの?

約2〜3週間で結果が返ってきます。

胎児スクリーニング外来

当院では妊婦健診中に1回の胎児スクリーニング検査を行います。

毎回の妊婦健診でももちろん超音波検査を行って心拍や胎位の確認、推定体重、羊水量や血流等を測定しますが、それに加えて希望を聞いた上で、妊娠20週前後で1回の胎児超音波スクリーニング検査を行うようにしております。

胎児スクリーニング外来

胎児スクリーニング検査とは

この検査は、じっくりと先天的な構造異常がないか赤ちゃんの全身を詳しく見る検査です。
ただし、染色体異常等を調べる出生前診断検査とは意味合いが異なります。

出生前診断検査をご希望の方は妊娠8週~12週時に出生前診断外来を予約受診してください。

この検査は、当院で妊婦健診を受けられている方は、妊娠20週頃の妊婦健診の際に一緒にさせて頂きます。他院で健診を受けられている方は設定の日時での予約制になります。
超音波専門医による超音波検査を行いますので、高度で専門性の高い超音波検査を受けて頂く事ができます。

この胎児超音波スクリーニング検査を受けて頂く一番の目的は、多くのお子さんには病気が見つからないので、そのことで安心して、今後の妊婦健診を当院で引き続き受けて頂き出産を迎えて頂くためです。

また、もし生まれてからすぐに治療を必要とする病気がある場合は、提携病院の高次医療機関に紹介させて頂く事で、生まれる前から準備をすることができ、生まれて調子が悪くなってから慌てて救急車で搬送されるという事態をできるだけ避けることが出来ます。

検査時期は?

当院で妊婦健診を受けられる方は妊娠20週時の健診の際に一緒にさせて頂きます。

他院で健診を受けられている方で胎児スクリーニング検査のみ希望の方は月・水曜日の午後2時~4時での予約制となります。

検査費用は?

当院で分娩予定の妊婦さま:3,000円
他院で分娩予定の妊婦さま:5,000円

ページトップ