専門外来の内容

新生児専門医師による乳児健診

ママの笑顔と赤ちゃんの安全のために...

当院向かいの提携病院であるしろやま赤ちゃんこどもクリニックの院長 城山医師は、小児科のなかでも新生児を専門にしており、滋賀県でも数少ない日本周産期・新生児学会 周産期専門医(新生児)の一人です。

新生児の専門医が赤ちゃんの診察を行いますので、ママにも安心して頂けます。

悩みごと等あればお気軽にご相談下さい。

胎児スクリーニング外来

当院では毎回の妊婦健診でももちろん超音波検査を行って心拍や胎位の確認、推定体重、羊水量や血流等を測定しますが、それに加えて希望を聞いた上で妊娠20週前後で1回の胎児超音波スクリーニング検査を行うようにしております。この検査は、20-30分程度かけてじっくりと先天的な構造異常がないか赤ちゃんの全身を詳しく見る検査です。

この検査は原則妊婦健診とは別の日程で設定していて、日本周産期・新生児医学会 周産期専門医(母体・胎児)による超音波を行いますので、高度で専門性の高い超音波検査を受けて頂く事ができます。

この胎児超音波スクリーニング検査を受けて頂く一番の目的は、多くのお子さんには病気が見つからないので、そのことで安心して、今後の妊婦健診を当院で引き続き受けて頂き出産を迎えて頂けるという事です。

また、もし生まれてからすぐに治療を必要とする病気がある場合は、提携病院の高次医療機関に紹介させて頂く事で生まれる前から準備をすることができ、生まれて調子が悪くなってから慌てて救急車で搬送されるという事態をできるだけ避けることが出来ます。

胎児スクリーニング 胎児スクリーニング

日時:日時:月曜、水曜、金曜日の午後2時~4時

費用:当院で分娩予定の妊婦3000円 他院で分娩予定の妊婦 5000円

助産師外来

「ここで産んでよかった」と思って頂けるように、安心・安全・満足のいく更なるケアを目指します。

助産師外来では、皆さんお一人、お一人と触れ合いながら、一緒に「自分らしい」妊娠・出産・育児を創りあげていけるような支援を心がけます。

助産師外来

  • <対象>

    当院でご出産される妊婦さん。前期は20週頃、後期は34~36週頃 となります。

  • <日時>

    月~土 毎日対応 完全予約制、前期:30分程度、後期:45分程度

  • <費用>

    前期は無料。後期は妊婦健診補助券を利用(ただし、大津市以外の方は差額をお支払い頂く場合があります)

  • <内容>

    前期 : マイナートラブルへの対応、乳房・乳頭チェックなど、より健康的な妊娠・出産のための日常生活のアドバイスを行います。

    後期 : 分娩に向けての心と身体の準備、バースプランや産後の授乳について一緒に考えましょう。

母乳外来

母乳外来

母乳で育てたい!と思っていても不安やトラブルが起こる事があります。

  1. 赤ちゃんがうまく飲んでくれない。
  2. 乳頭が切れて痛い。
  3. おっぱいにしこりがある。
  4. 乳腺炎になってない?

などお困りの時には母乳外来を受診して下さい。

不安やトラブルを早く解決して、楽しい母乳育児が出来るようサポート致します。

他院で出産された方も受診可能です。

また、当院では乳腺炎にとても良く効くオリジナルでブレンドした漢方薬がありますのでご安心下さい。

<日時>

毎日いつでも対応致します。緊急を要さない場合は、できるだけ月~土の朝9時頃に電話にて病院にお問い合わせ下さい。

<時間>

1回 45分

<料金>

当院でご出産された患者様: 3000円

他院でご出産された患者様: 4500円

ただし、内容によって短時間で終了した場合には担当助産師の判断で減額させて頂く場合もあります。

ページのトップへ