着帯教室

日本古来からのお祝いの儀式のひとつに、『帯祝い (おびいわい)』というのがあります。

妊娠5ヶ月目(16週)に入った最初の戌の日(12日毎に決まっている)に腹帯を締めて母子の健康を祈願するものです。

犬は子沢山で、安産の象徴と考えられています。

腹帯は昔は妻の実家から送られたものをしていたようですが、現在は特に決まりはなく自分で用意したり、安産祈願をする神社で用意してもらったものを締めます。

  • 担当:浮田クリニック 助産師 武田晴美
  • 日時:第4火曜日 14時~15時
  • 場所:浮田クリニック 4階研修室
  • 費用:無料
  • 持ち物:各自で用意して頂いた腹帯
  • 内容:腹帯の巻き方にはコツがありますので、きっちりとご指導致します。

ページのトップへ