不妊治療診療の内容

そろそろ赤ちゃんが欲しいなと感じている皆様へ

不妊症とは妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間妊娠しないものを言います。

日本産科婦人科学会や、世界保健機構(World Health Organization: WHO)では不妊症を「1年間の不妊期間を持つもの」と定義しています。

米国の生殖医学会でも、「不妊症と定義できるのは1年間の不妊期間を持つものであるが、女性の年齢が35歳以上の場合には6ヶ月の不妊期間が経過したあとは検査を開始することは認められる」としています。

また、男女とも加齢により妊娠しにくくなることが知られており、治療を先送りすることで妊娠率が下がることを考えると、一定期間を待たずに治療したほうがいい場合もあります。

そのため、「そろそろ赤ちゃんが欲しいな」、「私の今の状態はどんなんだろう」と思ったら早めに来院していただき、まず私たちにお話していただくことで妊娠へのサポートをさせていただきます。

不妊の原因

女性の不妊原因には、年齢、排卵、卵管、子宮、頸管、免疫などの因子があげられ、

男性の不妊原因には造精機能、精路通過、性機能、免疫などの因子があげられます。

<女性の不妊原因>

排卵因子

月経周期が25日~38日型で、基礎体温が二相性の場合は心配ありませんが、これにあてはまらない方(月経不順)は、排卵障害の可能性が有るので、基礎体温を1か月測定して記入し、早めに受診してください。

まずは、安定した月経周期があるかどうかがポイントになります。

卵管因子

卵管が詰まっている(閉塞)、狭いところがある(狭窄)、腸などの臓器とくっついている(癒着)などで、卵管采が卵子をピックアップできない、精子が通れない、受精できない、受精卵が移動できないなどが不妊原因になります。

特に性器クラミジア感染症は、卵管の閉塞や、卵管周囲の癒着によって卵管に卵子が取り込まれにくくなるために不妊症になります。

女性ではクラミジアにかかっても無症状のことが多く、感染に気づかないことがあります。

子宮因子

子宮筋腫や子宮内膜症、子宮内膜ポリープなどが原因で着床が妨げられていることがあります。

また、子宮の形の異常により着床障害が疑われる場合もあります。子宮の形態異常があっても問題なく妊娠、出産している女性も多いのですが、場合によっては、不妊または、妊娠しても流産を繰り返してしまう原因となります。

頸管因子

排卵期に透明で粘調な帯下(おりもの)の増加がありますが、子宮の奇形や子宮頸部の手術、子宮頸部の炎症などにより、頸管粘液量が少なくなった場合、精子が子宮内へ貫通しにくくなり、不妊症になります。

免疫因子

何らかの免疫異常で抗精子抗体(精子を障害する抗体)、特に精子不動化抗体(精子の運動を止めてしまう抗体)を産生する女性では、抗体が頸管粘液内にも分泌され、例え運動性の良い精子でも通過を妨げてしまいます。

受精の場面でも、精子不動化抗体は精子が卵子と結合することを妨害し、不妊症になることがあります。

原因不明不妊

不妊症の検査をしても、どこにも明らかな不妊の原因が見つからない場合を、原因不明不妊と呼んでいます。

原因不明不妊は不妊症の1/3をしめるといわれていますが、本当に原因がないわけではなく、検査では見つからない原因が潜んでいます。

検査に異常や問題がないことから大丈夫ということではなく、妊娠していないという事実があるわけですから、検査では明らかにならない原因があると考えられます。

たとえば、卵子が卵管へと取り込まれたか(ピックアップ)、受精ができたか、受精卵が成長したか、受精卵が子宮に着床できたか、また、卵子や精子の質そのものに問題があるのかもしれません。

しかし、これらは通常の検査で明らかにすることができないため原因不明となってしまいます。

検査

<女性側の検査>

これらの原因をしらべるために様々な検査があります。

どの時期でも検査できるもの

AMH(抗ミュラー管ホルモン)~卵巣の予備能力を調べる~, SIT(抗精子抗体), クラミジア感染症等

月経中に検査をするもの

LH(黄体形成ホルモン), FSH(卵胞刺激ホルモン), PRL

卵胞期 (月経開始から排卵まで)に検査するもの

HSG(卵管造影検査), 超音波(発育卵胞・子宮内膜の測定)

排卵期に検査するもの

E2(エストロゲン), 超音波(発育卵胞・子宮内膜の測定), 頸管粘液

黄体期 (排卵から月経まで)に検査するもの

P4(黄体ホルモン)

<男性側の検査>

精液検査 (予約制)

<精液検査の正常値>

精液量:1.5ml以上

精子濃度:1500万/ml以上

精子運動率:40%以上

奇形率:96%以下

治療

<タイミング法>

排卵日を診断して性交のタイミングを合わせる治療です。

排卵予定日数日前に経腟超音波検査により、卵胞という卵子が入っている袋の大きさを測定します。

卵胞の直径が20ミリくらいになると排卵するといわれているため、これを元に排卵日を推定します。

基礎体温は女性ホルモンの分泌状態や排卵を知る簡便な方法ですので、出来るだけつけるようにしてください。

<人工授精>

用手的に採取した精液から運動している成熟精子だけを洗浄・回収して、上記の妊娠しやすい期間に細いチューブで子宮内にこれを注入して妊娠を試みる方法です。

乏精子症(精子濃度1,500万/ml以下)、精子無力症(運動率40%以下)、性交障害、抗精子抗体保有症例、原因不明不妊症例が適応となります。

これから来院される皆様へ

まずは、1ヶ月でも良いですから基礎体温表をつけてみて下さい。

基礎体温をつけることによって、排卵が正しく行われているかどうか、おおまかな排卵日の推定、あるいは妊娠が成立したかどうかなどがわかります。

できれば、基礎体温計は実測値が分かるものを使用してみて下さい。

また、来院は月経中(1~5日目まで)にお願いします。そうすることで、よりスムーズな診療が可能になります。

まずは気軽にご相談をしに来てください。

それぞれのカップル・夫婦に合った治療を一緒に話合いながら決めていきましょう。

皆様が妊娠・出産により近づけるように全力でサポートしていきたいと思います。

ページのトップへ