漢方薬に関する質問

妊娠中ですが漢方薬を飲んでも大丈夫ですか?

漢方薬は厳密な催奇形性試験はパスしていませんが、数千年の経験に基づいたお薬です。
当院は、産科の漢方診療を専門としています。ご安心下さい。赤ちゃんへの影響も考えて漢方薬を処方しています。

母乳を与えているのですが、漢方薬の赤ちゃんへの影響はありませんか?

当院は、産科の漢方診療を専門としています。ご安心下さい。赤ちゃんへの影響も考えて漢方薬を処方しています。

漢方薬には副作用はないって本当?

漢方薬も薬ですから、副作用はあります。しかし漢方薬は長い年月に渡って使われてきて、危険な薬物は淘汰されてきています。また、自然の産物を使って、患者さんの体質や症状に合わせて調合しますので、西洋薬に比べると副作用はごくわずかです。

漢方薬を処方できる医師はどのような方ですか?

漢方薬を処方するには、脈、舌、お腹をきちんと診察し、顔色、歩き方、咳の仕方、話し方、症状などから、漢方医学的診断をすることが必要です。
現在、ほとんどの医師は、このような診断をするための教育を受けていません。漢方医に師事したり、大学で漢方の講義を受けた医師は、ごく一部で、限られています。信頼できる医師の診察を受けて下さい。

漢方薬が効く人と効かない人がいるの?

患者さんの症状、体質、精神状態、生活習慣などを総合的に考えた上で、最適な漢方薬を選択しています。ですから、的確な処方がなされていれば、漢方薬は誰にでも効きます。
ただし、生活習慣を改善し、自然治癒力を回復/強化する努力をしてください。

やっぱり漢方薬は長く飲み続けないとダメですか?

症状、患者さんの状態、生活習慣、服用の度合い、さらには患者さんの精神状態によって、効果の出方はさまざまです。

飲んでいる漢方薬が効いていない気がするんですが...

主治医に相談してみましょう。あなたの様子を見ながら薬を細かく変えることができるのが漢方薬の長所です。
また、あなたの不安を取り除くため、体と心についてアドバイスしてもらうことも大切な治療のひとつです。
脈、お腹、舌、症状の変化を的確につかんで、体が出すサインに合った薬を処方してもらうことです。

病院でもらった薬を飲んでいるんだけど...

その薬をお持ちください。漢方薬と併用できるか、漢方薬とどちらを主にするかなどを判断いたします。

赤ちゃん用の漢方薬はあるの?

当院では、新生児、乳幼児、小児にも漢方薬を処方しています。

市販の漢方薬ではダメなの?

ごく一部の薬局を除けば、漢方医学的診察をしてくれませんね。患者さんの症状、体質、精神状態、生活習慣などを細かく観察し、その人に最適な漢方薬を処方する必要があります。また薬効成分も、市販薬は漢方専門医の処方する薬の半分程度の薬効に抑えられています。

ページのトップへ