トラベラーズ外来(自費診療)

当院では、旅行医学会 認定医がおりますので、お気軽にご相談下さい

内容:海外渡航前のワクチン接種、高山病予防薬、マラリア予防薬の処方。

高山病予防薬

高山病予防のためのダイアモックス処方いたします。

服用方法:旅行到着1日前から続けて5日間内服してください。

費用:3000円(薬剤費+処方箋料+診察代等)

マラリア予防薬

服用方法:服用開始時期:現地到着の1~2日前から滞在中:1錠/1日+マラリアの流行地を離れてから7日間内服服用

費用:マラロン1T 600円(税込み)+680円(処方箋料)+1000円(診察代

薬の常備がございませんので、来院される2-3日前にご連絡下さい。

※副作用は、肝機能障害、めまい、下痢等の非特異的副作用があります。

海外渡航前ワクチン

まずお電話で来院される日の予約をお取り下さい。

外来受診時に、接種ワクチンの種類や接種スケジュールを決めて1回目接種分の料金を事前にお支払い頂きます。

料金は初診料・薬剤費等全て込みの料金となっております。

~ 当院で接種可能なワクチン ~

《 不活化ワクチン 》

  • A型肝炎(製品名:エイムゲン 費用:11300円)
  • B型肝炎(製品名:ビームゲン、へプタバックス 費用:6300円)
  • 破傷風(成人DT) (製品名:沈降破傷風トキソイドキットタケダ 費用:3500円)
  • DT(破傷風・ジフテリア 2種混合 費用:5300円)
  • ポリオ(イモバックスポリオ 費用:10000円)
  • 日本脳炎(製品名:ジェービックV 費用:7200円)
  • 狂犬病(製品名:組織培養不活化狂犬病ワクチン 費用:15000円)
  • 髄膜炎菌(製品名:メナクトラ 費用23000円)
  • 肺炎球菌(製品名:ニューモバックスNP 費用:8250円)
  • インフルエンザ(製品名:ビケンHA、フルービックHAシリンジ、インフルエンザHAワクチン 費用:3500円)

《 生ワクチン 》

  • 風疹(製品名:乾燥弱毒生風しんワクチン 費用:6500円)
  • 麻疹(製品名:乾燥弱毒生麻しんワクチン 費用:6500円)
  • おたふく(流行性耳下腺炎) (製品名:乾燥弱毒生おたふくかぜワクチン 費用:5500円))
  • 水痘(製品名:乾燥弱毒生水痘ワクチン「ビケン」 費用:9100円)
  • MR(麻疹・風疹)(製品名:乾燥弱毒生麻しん・風疹混合ワクチン 費用:9900円)

~ 当院で接種不可能なワクチン ~

  • 黄熱(検疫所)
  • 腸チフス
  • ダニ脳炎
  • ポリオ(経口)
  • コレラ(経口)

A型肝炎

中国、インド、東南アジア諸国、中東諸国、アフリカ諸国、中南米諸国、(いわゆる日本を含めた先進国以外の全世界)

3回接種

接種方法 : 初回、4週間後、6~24ヶ月後

抗体持続期間(3回接種後):5年

B型肝炎

ヒトの血液中に寄生しているウイルスです。先進国では保有率が低く、中国、東南アジア、アフリカ諸国では保有率が高いと言われています。

3回接種

接種方法 : 初回、4週間後、6ヶ月後

抗体持続期間(3回接種後):5年

破傷風

全世界に分布していますので、全ての人にお勧めです。

破傷風ワクチンは3種・4種混合ワクチン(ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ)に含まれていますので、定期予防接種で12歳の時に接種していれば、20代前半までは免疫があります。

免疫の全くない方は3回接種。定期接種されている方は1回追加接種。定期接種されている方は1回追加接種。過去10年以内に接種している方は不要。

3回接種

接種方法 : 初回、4~8週間後、12~18ヶ月後

抗体持続期間(3回接種後):10年

ジフテリア

ロシア、東ヨーロッパに長期滞在する方にお勧めです。

日本では、予防接種法での4種混合ワクチン(破傷風・ジフテリア・百日咳・ポリオ)に含まれていますので、定期予防接種を12歳の時に受けていれば、20歳代前半までは免疫があります。

免疫の全くない方は3回接種。定期接種されている方は1回追加接種。過去10年以内に接種している方は不要。

3回接種

接種方法 : 初回、4~8週間後、12~18ヶ月後

抗体持続期間(3回接種後):10年

ポリオ(急性灰白髄炎)

ポリオはポリオウイルスによって、急性の麻痺が起こる病気です。

ポリオが流行しているアフガニスタン、ナイジェリア、パキスタンのほか、ポリオが発生している国に渡航する人は追加接種を検討してください。

WHOでは、患者が発生している国に渡航する場合には、以前にポリオの予防接種を受けていても、渡航前に追加の接種をすすめています。

特に、1975年(昭和50年)から1977年(昭和52年)生まれの人は、ポリオに対する免疫が低いことがわかっていますので、海外に渡航する場合は、渡航先が流行国でなくても、渡航前の追加接種を検討してください。

免疫の全くない方は2回接種。定期接種されている方は1回追加接種。

抗体持続期間:10年

日本脳炎

東アジア、南アジア、東南アジアのアジアモンスーン地帯に広く存在します。

25歳以上の方は初回接種から始めることをお勧めします。

3回接種

接種方法 : 初回、4週後、12ヶ月後

抗体持続期間(3回接種後):10年

狂犬病

日本、英国、スカンジナビア半島の国々などの一部の地域を除いて世界中に存在します。

特にインド・ネパール・東南アジア諸国・中南米諸国・アフリカ諸国へ旅行される方。

3回接種

接種方法 : 初回、4週間(28日)後、6~12ヶ月後

抗体持続期間(3回接種後) :2年間

髄膜炎菌

世界中で発生していますが、特にアフリカ(サハラ砂漠の南方で、西は大西洋岸のセネガルから東はエチオピア・スーダンに広がる“髄膜炎ベルト”と呼ばれる地域があります。)、中近東でも流行が繰り返されています。

イスラム教のメッカ巡礼時期にサウジアラビアへ入国する際には、髄膜炎予防接種証明書を求められます。

イギリスやアメリカに留学する際に接種を必要とする場合もあります。

1回接種

接種対象者:2歳以上55歳以下

肺炎球菌

65歳以上の方と免疫が低下している方にお勧めです。

1回接種

初回接種:65歳以上方

再接種:65歳以前に肺炎球菌ワクチンを接種した方は、接種後5年経過してからの再接種が可能です。

日本では予防注射の勧告によりインフルエンザなどのワクチン接種時期から1週間以上あける必要があります。

1回の接種で約3-6年間抗体がつきます。

インフルエンザ

【成人】1回 0.5ml

【13歳未満】2回が望ましいとされています

ワクチンは4~5ヶ月間は効果があるとされています。

風疹ワクチン

日本では、定期予防接種に指定されています。

定期予防接種の対象年齢は1歳~7歳半(生後12ヵ月~90ヵ月未満)で、2回接種します。

1回または2回(0、4-8週間)

風疹ワクチンは生ワクチンといわれる種類のワクチンです。お急ぎの場合は、生ワクチン同士の同日接種を行います。

但し、日本では予防接種実施要領により、生ワクチンを接種すると基本的に1ヶ月間は他のワクチンを接種できません。

麻疹

日本では、定期予防接種に指定されています。

日本でも毎年発病の報告がされています(東京都感染症発生動向調査より)ので、生後12~24月のうち出来るだけ早く接種しましょう。

1回または2回(0、4-8週間)

麻疹ワクチンは生ワクチンといわれる種類のワクチンです。お急ぎの場合は、生ワクチン同士の同日接種を行います。

但し、日本では予防接種実施要領により、生ワクチンを接種すると基本的に1ヶ月間は他のワクチンを接種できません。

おたふく(流行性耳下腺炎)

1歳から接種可能です。

任意(本人の希望)接種ですので、幼児期に予防接種又はおたふく風邪にかかったことがない方は予防接種をお勧めします。成人になってからも感染することがあります。

1回または2回(0、4-8週間)

おたふく風邪ワクチンは生ワクチンといわれる種類のワクチンです。お急ぎの場合は、生ワクチン同士の同日接種を行います。

但し、日本では予防接種実施要領により、生ワクチンを接種すると基本的に1ヶ月間は他のワクチンを接種できません。

水痘

1歳から接種可能です。

任意(本人の希望)接種ですので、幼児期に予防接種又はみずぼうそうにかかったことがない方は予防接種をお勧めします。

ワクチン接種の後も水痘罹患は10%程度にみられますが、症状が軽いことが多いです。

基礎接種回数:2回(0、4-8週間)

水痘ワクチンは生ワクチンといわれる種類のワクチンです。お急ぎの場合は、生ワクチン同士の同日接種を行います。

但し、日本では予防接種実施要領により、生ワクチンを接種すると基本的に1ヶ月間は他のワクチンを接種できません。

ページのトップへ