ブライダルチェック

ブライダルチェック

ブライダルチェックとは?

ブライダルチェックをひと言で表現すると、「結婚の前に受ける健康診断」です。

近年では、「ブライダルエステ」が人気ですが、見た目の美しさだけではなく、体の中から美しく健康な状態で最良の日を迎えたいという考え方が急速に広まってきています。

性感染症には自覚症状のないものもあり、感染に気付かないまま新婚生活をスタートさせた場合、パートナーに病気を移してしまう場合もあります。そのまま放置していると、不妊や母子感染等のリスクも生じます。また、事前に妊娠しにくい体質等も把握する事ができるため、早めに計画的に治療に取り掛かかる事もできます。

このブライダルチェクは、具体的な結婚の予定がなくても誰でも受けられます。まだ婦人科の診察を一度も受けた事がない方やしばらく受けてない方にもお勧めです。

また、ブライダルチェックは女性だけのもの、というイメージがあるかもしれませんが、男性も決して無関心な検診ではありません。同じように男性側にも性感染症や不妊の原因がある場合がありますので、事前に検診を受ける事をお勧めします。

  検査内容 費用
女性
基本コース
内診、尿検査、子宮がん検診、超音波検査、各種感染症検査、クラミジア・淋菌検査、カンジダ・一般細菌検査 13,000円
男性
基本コース
尿検査、クラミジア・淋菌検査、各種感染症検査 7,000円
尿検査
尿の糖・たんぱく・鮮血等の状態を調べます。
子宮がん検診
子宮の頸部の細胞を専用のブラシで調べるガン検査です。
最近は若年の方でも子宮頸がんが増えておりますので、年1回の検診をおすすめしています。
超音波検査
子宮・卵巣をチェックします。
子宮に子宮筋腫や子宮内膜症などの病気や、卵巣に卵巣腫瘍等の病気がないか調べます。
各種感染症検査(HIV(エイズ)、B型肝炎、C型肝炎、梅毒、風疹)
血液検査でウイルス感染の有無を調べます。
風疹は、妊娠初期にかかると胎児に異常を起こす可能性があります。
風疹の抗体が無い場合はワクチン接種をお勧めします。
クラミジア・淋菌検査
女性は膣分泌物、男性は尿で調べます。
自覚症状がなく知らないうちに感染していることもあります。
不妊や異常妊娠の原因になることもあります。
一般細菌検査
膣分泌物で調べます。膣内にカンジダ菌やガードネレラ等の細菌等どんな種類の細菌がいるのかを調べます。

オプション検査

オプションの料金は、基本コースをされた方のみ適応となっております。
オプション単品での検査希望の場合、料金が異なります。ご了承ください。

検査項目 費用
女性ホルモン検査(E2、LH、FSH、T、PRL) 7,500円
麻疹抗体検査、水痘抗体検査、HTLV-1検査 各1,000円
トキソプラズマウイルス(IgG,IgM)、サイトメガロウイルス(IgG,IgM) 各2,000円
B型肝炎(Hbs抗体) 1,000円
貧血、生化学、糖尿病検査 5,000円
甲状腺ホルモン(F-T3、F-T4、TSH) 4,000円
腫瘍マーカー CA125、CA19-9 各2,500円
血液型 1,000円
AMH(抗ミューラー管ホルモン測定) 7,500円
精液検査 3,500円
乳がん検査(エコー) 4,500円

オプション検査内容詳細

女性ホルモン検査
血液検査で女性ホルモンの状態を調べます。検査を月経開始3-5日目に行います。
月経不順の方や排卵の有無が心配な方は受けるのをお勧めします。
麻疹・水痘抗体検査
血液検査で麻疹や水痘に対する抗体の有無を調べます。
妊娠中に罹患すると重症化する場合があります。抗体が無い場合にはワクチン接種をお勧めします。
トキソプラズマウイルス、サイトメガロウイルス抗体検査
血液検査でトキソプラズマやサイトメガロウイルスに対する抗体の有無を調べます。
抗体が無い場合には妊娠中注意が必要です。
トキソプラズマは猫と接すると感染する可能性があります。サイトメガロウイルスは幼児の唾液や分泌物から感染する可能性があります。
B型肝炎(Hbs抗体)検査
B型肝炎抗体が無い場合はワクチン接種をお勧めします。
貧血、生化学、糖尿病検査
貧血の有無、肝臓、腎臓、糖・脂質代謝などの機能を調べます。
糖尿病がかくれていないかもチェックします。
甲状腺機能(F-T3、F-T4、TSH)
血液検査で甲状腺のホルモンの状態を調べます。甲状腺に異常をきたすと、疲れやすい、むくみやすい、動悸がするなど、多くの不快な症状を招きます。また、不妊の原因になったり、胎児の成長を妨げる原因になることがあります。
腫瘍マーカー (CA125、CA19-9)
血液検査で測定します。
主に卵巣がんや卵巣腫瘍、子宮内膜症等を調べる検査です。
AMH(抗ミューラー管ホルモン測定)
血液検査でAMH値を測定します。
AMHとは、卵巣年齢つまりこれから育っていく卵胞がどのくらいあるかの卵巣予備能を調べる検査です。
精液検査
採取した精液の量、精子の数、運動率、奇形率などを顕微鏡を用いて調べます。
乳がん検査
視触診と超音波検査で検診を行います。

ページのトップへ